ドクターよりドクターより

「歯っとする話」をお届けします。

タバコはお口の健康に様々な影響を及ぼします

タバコ

口臭

ちゃんと歯みがきしているのに口臭の強い人は、喫煙が原因の場合がほとんどです。
ニコチンやタールの代謝物のにおいと歯周病のにおいが混ざることによって口臭が強くなります。
舌には黄土色の舌苔が付き、においのもととなります。

着色

タバコのタール成分がヤニとして、歯や詰め物に付着します。
ヤニは粒子が大きく着色として付着し、歯ブラシではなかなか落ちません。
完全に取るには、歯科にかかる必要があります。

歯周病

タバコを吸う人は吸わない人より4倍も歯周病にかかりやすいといわれています。
喫煙による免疫力の低下、歯ぐきの血流低下により歯周病菌が増えやすくなるからです。

歯ぐきの色素沈着

喫煙によりメラニン色素を産生する細胞が刺激され、歯ぐきが黒く変色します。
色素沈着は外科処置で取れますが、喫煙を続けると再発します。

こうならないためにも、歯科での定期的なケアと禁煙を心がけて健康な白い歯を守りましよう。

歯医者さんのイラスト(女性)