ドクターよりドクターより

「歯っとする話」をお届けします。

子供の歯から大人の歯になるまでに大きく3つの時期があります

子供の歯は、生後9ヶ月から乳歯が生えはじめ、3歳ごろには乳歯が生えそろいます。
3歳ごろまでに完成する乳歯。
この時期、あまり変化がないようですが、乳歯の下では永久歯が成長しています。
6歳以降になると、乳歯が次々と抜けて永久歯が生えてきます。
子供の歯は、生後9ヶ月から永久歯の生えそろう12歳ごろまで、このように複雑に変化していきます。
それぞれ、大人の歯になるための大切な準備時期ですが、大きく3つの時期に分けられます。

乳歯が生えた赤ちゃんのイラスト

生えはじめ期

乳歯の生えはじめから生えそろうまで。
1~3歳の頃で、自分ではきちんと磨けませんので、お母さんがしっかりと磨いてあげてください。

あかちゃんに歯磨きをしているお母さんのイラスト

乳歯列期

乳歯が生えそろい、その下で永久歯が成長している時期。
3~6歳の頃で、自分ではしっかり磨いているつもりでも、磨き残しがたくさんあります。
仕上げ磨きをしてお子様の大切な歯を守ってあげてください。

仕上げ磨きをするお母さんのイラスト

混合歯列期

乳歯が永久歯に生え替わっていく時期。
6~12歳の頃で、いろんなことがひとりでできるようになり、ブラッシングも一人前。
でも、時々怠けてしまうことも。
定期的にチェックしてあげましょう。

歯磨きをする女の子のイラスト

当院でもそれぞれの状態に応じた正しい歯ブラシ指導を行っております。
お気軽にご相談ください。

キッズスペース