ドクターよりドクターより

「歯っとする話」をお届けします。

歯を失った時、治療には大きく分けて三つの選択肢

国の調査では60代で8割以上の人が歯を失っている。

厚生労働省が昨年公表した歯科疾患実態調査によると、60~64歳で自分の歯が1本以上抜けている人は83%を占め、失った歯の本数は1人平均5.9本。

歯を失った時、治療には大きく分けて三つの選択肢がある。

  • 一つ目は入れ歯
  • 二つ目がブリッジ
  • 三つ目が手術で人工の歯根を埋め込むインプラント治療

但し、三つ目のインプラント治療については適さない人もいるが、例えば、東京歯科大学千葉病院では、手術前に、骨の状態を立体的にみるCTスキャンや、患者の全身状態を調べる検査を行っている。

持病があっても病状を管理すれば、多くの人はインプラント治療を受けることが可能になるという。

【出典】2012/06/25 毎日新聞より

入れ歯のイラスト 部分入れ歯のイラスト インプラントのイラスト