ドクターよりドクターより

「歯っとする話」をお届けします。

加齢と歯並び

昔より、歯並びが悪くなってきた気がする・・・
久しぶりに昔のアルバムを見たら、なんだか昔のほうがきれいな歯並びをしていたような・・・
年々、歯が出てくるのは気のせい?それとも??

歯並びは、年齢とともに少しずつ悪くなる傾向にあるといわれています。
それは、自然な加齢現象なのです。

なかでも起こりがちなのが、下の前歯のガタつきです。
そもそも、歯には、口の周りの筋肉や舌などの圧力がかかり、それらのバランスで位置を保っています。
口の周りの筋肉が衰えると、舌に押され歯が前に出やすくなります。
その結果、骨が薄く、圧力を受けやすい下の前歯にガタつき出てくるのです。

この他に、奥歯の咬み合わせの部分がすり減って歯の高さが変わったり、歯周病が進んで、噛み合わせが深くなり、前歯同士が強く当たってしまうことも歯並びを乱す原因だといわれています。

歯並びの良い男の子のイラスト