ドクターよりドクターより

「歯っとする話」をお届けします。

糖尿病と歯周病の意外な関係とは?

糖尿病は血液中のブドウ糖の濃度が常に高い状態になる病気です。

ショートケーキのイラスト(背景あり)

糖尿病で高血糖の状態が続くと、全身の血管が傷つけられて合併症を引き起こします。
免疫の働きが低下して、ウイルスや細菌などの病原菌に感染しやすくなり、歯周病菌の感染、即ち歯周病にもなりやすくなります。

歯周病のイラスト1(文字あり)

歯周病の有る糖尿病の患者さんは、歯周病が進むとインスリンの働きを弱め、高血糖が続いて糖尿病を悪化させる、そのことがまた、歯周病を悪化させインスリンの働きをますます弱める・・・という負のスパイラルが起こります。

混乱する人のイラスト(男性)

それを絶ちきるには、糖尿病の治療だけでなく毎日の歯みがきをはじめ、歯周病もきちんと治療することが大切です。

歯科検診のイラスト(男性)