ドクターよりドクターより

「歯っとする話」をお届けします。

虫歯は遺伝することはありません

虫歯菌

虫歯は遺伝すると信じている人は意外と多いかもしれません。
しかし、歯並びや骨格が遺伝することがあっても、虫歯は遺伝することはありません。

なぜなら「生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌が存在しない!」からです。

では、どうして虫歯になってしまうのでしょうか?
それは何らかの機会に家族、もしくは他の人間から虫歯菌に感染してしまうのです。

虫歯の感染を防ぐためには、

  • 家族のスプーンや箸などで食べさせない。
  • かじったり、口でくだいたものを食べさせない。
  • むやみにキスをしない。

など、自分もしくは他人の唾液が赤ちゃんの口の中に入ることを避けたほうがよいでしょう。

ただ、赤ちゃんやその家族にとってもスキンシップは心の成長において大切で、必要なことです。
あまり厳密に規制することは難しいといえます。

赤ちゃんと接する時は、口の中の虫歯菌を減らす努力をするとか、赤ちゃんの食生活を気をつけることで虫歯ができやすい環境になるリスクを低くすることができるのです。

赤ちゃんをくすぐる親のイラスト