ドクターよりドクターより

「歯っとする話」をお届けします。

虫歯じゃなくても抜くことを勧められたことのある方も多いのでは?
どうして抜いたほうがよいと言われるのか疑問にお答えします。

  1. 磨き残しが多い
    口の中の一番奥にあるため歯ブラシが届きにくく、どんなに磨いているつもりでもどうしても磨き残しが多くなってしまう。
    親知らずに磨き残しがあると手前の歯まで虫歯になってしまうこともあります。
  2. 歯並びを悪くすることがある
    正しい位置に生えてくることが少ないので、全体の噛み合わせをくるわせたり、隣の歯にぶつかって、その歯の位置まで動かしてしまうこともある。
  3. 虫歯になると治療が難しい
    一番奥の歯で、歯科の器具も届きにくく、虫歯になっても治療が難しいことが多い。
横向きに生えた親知らずのイラスト

正常に機能していればもちろん抜きません

親知らずを抜いたほうがいいと勧められる理由はおもに上記の通りですが、これらの理由がなければもちろん抜かずにおいたほうがよいこともあるのです。

  • 顎が充分に発育していて親知らずの生えるスペースがある。
  • 全体の歯並びや噛み合わせに悪影響がない。
  • 歯みがきもきちんとできていて歯周病などの危険性も少ない。

しかし残念ながら現在では、こうした全く問題のないケースは少ないのが実情です。
もしあなたが、親知らずに関して不安なことがあれば、一度歯科で診てもらいましょう。

歯医者さんのイラスト(女性)