ドクターよりドクターより

「歯っとする話」をお届けします。

平成27年度学校保健統計速報

データ分析のイラスト

12歳児1人当たりの永久歯の平均むし歯等数が0.9本と、ついに1本を切った。 文科省が1月22日に公表した平成27年度学校保健統計速報によるもの。

12歳児のむし歯等数は、昭和60年度の4.63本から平成7年度3.72本、平成17年1.82本、平成26年1.00本と減少を続けてきた。 0.9本の内訳は、喪失歯が0.01本、処置歯0.55本、未処置歯0.34本となっている。

むし歯のある者の割合では、

  • 幼稚園 36.23%
  • 小学校 50.76%
  • 中学校 40.49%
  • 高等学校 52.49%

となっており、父母世代の30年前のそれぞれ

  • 幼稚園 82.57%
  • 小学校 91.36%
  • 中学校 92.34%
  • 高等学校 94.29%

と比べて大幅に減少している。

【出典】日本歯科新聞 2016/02/02 より

健康診断 歯科検診 女の子